メニュー

ガン特殊検査・治療

がんの超早期発見を可能にしたTMCA検査

TMCA 〜複合腫瘍マーカ検査〜は、がん細胞が出すサインを3つのステージで複眼的に調べることで、通常のがん検診では発見困難な前癌病変、初期がん・進行がんのリスクを判定する検査です。

その基盤となる技術は、2017年に日本で特許として認めら、”87.5%”の高い精度で判定が可能です。

TMCA 〜複合腫瘍マーカ検査〜は、採血と採尿のみの検査で、87.5%もの高い精度でがんを発見(がんリスクを判定)します。

従来のように被爆の多い放射線や、バリウムのように薬剤を飲む必要もありません。

TMCA 〜複合腫瘍マーカ検査〜は一般的な「腫瘍マーカー検査」とは全く異なったもので、がん細胞・がん間質細胞・がん血管それぞれの分泌物

  • 特異的腫瘍マーカー(s-TM)
  • 関連腫瘍マーカー(a-TM)
  • 増殖腫瘍マーカー(g-TM)

の3つのマーカーで複眼的な観点から分析を行うことで、90%近い精度を実現しており、尚進化を続けています。(追加マーカーを行う事でほぼ99.9%まで高くなります)

アメリカをはじめとしたがん予防の先進国では、バリウム、CT、X線は早期発見に対しては精度が低く、放射線の被曝(医療被曝)があるため気軽に受けるものではないというのが、常識です。

既に2万人以上が受診

当センターのTMCA検診は、皆さんにがんリスクを正確に把握していただき、がん予防やがんの再発防止に役立ててもらうためのものです。

既に2万人以上の検診実績があり、多くの方の「初期がん」や「進行がん」を術前に発見してきました。

TS4〜TS5というがんリスクの高い方に対しても、上記のような治療(特殊漢方、食事療法、高濃度ビタミン療法など)を通じ、がんリスクの減少を成功させています。

特にこんな方におすすめです

1:がんを治療して再発を確実に防止したい

2:一般のがん検診では不安

3:健康診断で精密検査になった

4:生活習慣病の疑いがある

5:ご家族にがんに罹った方がいる

6:ストレスや体の不調を感じることが多い

7:食事が不規則になりがちな方

8:40歳を超えた方。女性の場合は乳癌、子宮頸がんのリスクが高くなるので30歳超えたら検査が必要です。血液検査なので乳房や陰部を見せる必要はありません。

1つでも該当することがあれば、検討してみましょう!

TMCA検診でわかること

①現在がんにかかっているかどうか?

②今後5年間にがんにかかる可能性

③手術や抗がん剤は本当に成功しているのか?

TMCA検診では「がんには一生がある」という最新の研究結果に基づき、「がん未満の状態」から「末期がん」に至るまでの〈がんの一生〉を分類し、9段階のステータスに分けて判定することが特許として認められたのです。(下記説明図👇)

細分化されたTMCA独自のがんのステージ

検査後の対応

T1〜T4の反応が出た場合、現在がんになっておらず、今後5年間でがんになる可能性が非常に低いので、特に治療を行う必要はありません。1〜2年に1度程度の頻度でTMCA検診を受けていただき、様子を見ていけばいいでしょう。

T5以上・G1〜G4の反応が出た場合は、

「食生活習慣の改善」により基礎を作りながらの治療が必要です。

『がんは自分で治すと決心し、がんと真剣に向き合う』

これが治療をするにあたり大前提になります。

<初期治療>

  • 精製された小麦粉の抑制。(パン、うどん、パスタなど)
  • 炭水化物を取る場合はココナッツオイルを50%以上足してケトン食に転換
    ケトン体とは?
  • 乳製品等のカゼインの抑制
  • タンパク質の抑制
  • グルタミンの抑制(身近な食品に入ってます)

  • 精製された砂糖・塩・穀物を摂らない
  • 酢を使った糖分抑制
  • 特殊漢方(SA)の処方
  • 西式健康法(解毒療法)

100gあたりのグルタミンの多い食品リスト。精製された小麦に多く含まれています。
同じ麦でも燕麦(オートミール)は3,000mg、麦茶(大麦)にはほとんど含まれてない。

<中期〜後期治療>

  • 西式健康法(解毒療法)
  • 分化誘導療法(ミトコンドリアを正常化させる点滴)
  • 温熱療法
  • リフレッシュ療法(解毒)

TMCA検診でわかること

TMCA検診 〜複合腫瘍マーカ検査〜

がんの進行を正確に5段階に分類し、危険度を特定します。5年後のがん罹患率を統計的に算出します。

TMCA検診 〜複合腫瘍マーカ検査〜・免疫検査

がんの進行に加え、がん細胞を攻撃する免疫の測定をします。がんを罹患している方の場合は、ご自身ががんと闘う体力があるかを判定します。

治療の方法や、生活習慣のアドバイスを行います。

Q&A

🍀TMCAとはどんな検査なんですか?

TMCAは、血液と少量の尿を採取して調べることで、身体全体に「がん」があるかどうかがわかる、従来の部分的ながん検診とは全く異なる検査です。

🍀どんな技術を使うのですか?

2017年に特許となった「がんの一生を分類する際に用いるデータ採取方法」が基盤となった技術で、通常の検査では発見できない「がん」の初期以前の状態も判定します。

🍀がんのリスク評価とはなんですか?

健康な状態から前がん期・初期がん期にいたるまでの健康状態を計測し、分類してT-1,2,3,4,5、M-1,2…のようにステージに分け、わかりやすく提示することを言います。

🍀なぜ血液と尿を分析するのですか?

尿は血液が腎臓で濾過されて出来、血液から赤血球を除いたものです。

血液・尿それぞれの特性から成分を調べることで、正確な検査ができるのです。

🍀従来の腫瘍マーカー解析とTMCAではどのような違いがありますか?

通常腫瘍マーカーは、特異マーカーのみに着目して検査します。

当検査は、複数の腫瘍マーカーとその他の検査を複合しておこないます。

🍀TMCAで異常が検出されず『がんのリスクは低いと推測されます』となったら他の検査では絶対にがんは発見されないのでしょうか?

現在TMCA検診より精度(感度、特異度)が高くより正確な検査は存在しません

🍀妊娠していても検査は受けられるでしょうか?

妊娠時でも問題なく受けられます。赤ちゃんからお年寄りまで受診できます。特に女性は乳房や陰部をみせる事なく簡単に検査ができるのでオススメです。自律神経を測定する検査(良導絡)をする時はストッキングが邪魔になるので素足にしやすい状態でお越し下さい。

※妊娠していると出るALP4という物質が、がんによるものかどうかの区別が必要です。

🍀外国人でも検査は受けられるでしょうか?

人種は全く関係ありません。

🍀87.5%の確率で検出できるというのは、具体的にはどの程度の精度なのでしょうか?

画像診断では1000人の診断で2〜3人のがんが発見されます(0.2〜0.3%)が、当検査では1000人の診断で50人程度からがんを発見できます。

🍀この検査で再発の危険性も予知できるのでしょうか?

外科医により再発を見つけられることはほとんどありませんが、TMCAですと、非常に高い確率(100%近い確率)で再発を発見できます。

🍀保険診療はできますか?

当検査は保険診療にはなりませんが、癌がみつかれば保険会社によっては適用される場合があります。保険会社にお問合せ下さい。

※治療に関しましては、保険診療と保険外診療をおこなっております。

🍀検査結果は何日後にもらえますか?

検査日から約2週間程度で郵送します。メールの場合は早くお知らせ致します。

🍀検査は何歳くらいから行うと良いでしょうか?

検査は何歳からでも受けられます。

🍀提携医療機関以外で検査を受ける方法はありませんか?

提携医療機関外のクリニックが受入れてくれるなら当院の指示のもと検査を行います。

特許について

TMCAは、がん治療臨床40年の歴史の中で、医療機関や大学病院から治療できないとされた、進行がん・末期がん患者6,000人の治療・検査と、22,000人以上の予知・予防を行ってきた実績から、従来の画像診断では検出できないがんを診断する日本発祥の検査法で、米国・EUでも特許を出願しています。

この検査法は、米国国立がん研究所(National Cancer Institute、米国国立がん研究所)と全米で最も優れた病院とされるメイヨー・クリニック(Mayo Clinic)において、1986年より2年間にわたりダブルブラインド・テスト(二重盲検比較臨床試験)が行われ、多変量解析により87.5%の確率で判定することができるという驚異の精度が証明されました。

現在ではさらに精度が上がっており、通常画像検査では発見きない微小ながん細胞も、高い確率で発見できるようになっています。

また、その結果を踏まえ超早期のがん対策も行うことが可能になりました。


日本国特許庁 特許第6080184号

平成29年1月27日登録

「がんの一生を分類する際に用いるデータ採取方法」

3つのマーカー

医療関係者も含めて誤った認識がみられますが、がんはがん細胞(腫瘍マーカー)だけで増殖するものではありません。

がんの状態を正しく知るには、

  • 腫瘍マーカー:がん細胞にともなって増えるもの(胎児)に反応する
  • 関連マーカー:がん細胞を支える「間質」という。胎児の(胎盤)に反応する
  • 増殖マーカー:「新生がん血管」という栄養を供給する血管(絨毛・臍帯血管)に反応する

1.胎児

2.胎盤

3.血管

以上の、がんに関わる3つの組織がそれぞれ発生させる物質を計測することにより、精密な検査が実現されるのです。

オーダーメイド医療としてのTMCA検診

今までのがん医療では、がんといえば外科・病理学の担当、がん予防といえば公衆衛生学になり、腫瘍マーカーといえば生化学といったように、それぞれの専門分野ごとに研究を進めているのが現状で、そこには個々の人間を見るという概念がありません。

近年ようやくオーダーメイド医療(個別化医療)という考え方が浸透してきましたが、TMCAは早い段階からそれを実践してきました。

TMCAはまさに個々の全身の健康状態を知ることができ、オーダーメイドで予知予防を実現した検査方法です。

現在、がんの診断に、主にCT などの「画像診断」を主な手段としています。

しかし、実際は「どうもがんが疑わしい‥」とされていても、診断できない事がよくあります。

 ※ 癌の誤診は非常に多いです。手術をして癌ではなく単なる炎症の場合もよくあります。

また、「画像診断」はがんの大きさが、10㎜(1cm)以上にならないと、検出することが難しいのです。

TMCA検診は当院の小林常雄 医師が約30年来アメリカのジョンズ・ホプキンス大学(JHU)との共同研究にもより研究・開発、実践してきた方法なのです。

その精度に、当時のナンシー・レーガン大統領夫人の働きにより、1986~1988年アメリカの、NCI(米国国立がん研究所)と、メイヨークリニック(米国の著名な病院)にて二重盲検比較試験 が行われ、初期がんに対しての感受性が、「87.5%」という高い精度であることが証明されました。

この「87.5%」という数字は驚くべき数字なのです。通常の血液の腫瘍マーカー検査では初期がんは2割程度しか分からないのです。この【腫瘍マーカー総合検診(TMCA検診)】に関しましては、世界的ながんの学術雑誌:CANCER 誌 に1994年にCANCER  MEDICINE 誌 に2018年に掲載されました。そして今日までに2万1000人以上の検診実績があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 昭44年
    鳥取大学医学部卒業後、国立がんセンター内地留学
  • 昭和47〜49年
    京都大学大学院
  • 昭和54年
    東京大学大学院卒業 博士号を取得
  • 昭和54年
    一心総合病院副院長
  • 平成4年
    京北病院院長
  • 平成12年6月
    IMHCクリニック院長
  • 平成27年12月
    国際がん予知予防センター センター長

「人間はなぜ治るのか?第3回 癌からの生還」 NHK(ETV)治療ルポが反響を呼び、2016年9月、アメリカ癌総合医療学会で招待講演、「生涯功労賞」受賞。 日本と海外で多数の書籍を出版し、特に米国で高い評価を得ている。

癌専門誌『Cancer』誌において、腫瘍マーカー総合診断法による癌の危険度判定が広く評価され、第40代米国大統領夫人ナンシー・レーガン氏の主導により実証実験が行われた。

NIH(アメリカ国立衛生研究所)と全米で最も優れた病院とされるメイヨークリニックにおいて試験を繰り返した結果、その精度が証明され、アメリカ統合医療学会において、2016年「生涯功労賞」受賞。

 

           

 

 

 

 

[研究チームの紹介]

 

 

 

 

 

 

 

ピーター・L・ペダーセン博士

Peter L. Perdersen Ph.D.

1961年タルサ大学を卒業。理学士号取得。3年で博士号を取得しアーカンソー大学を卒業

1967年ジョンズ・ホプキンス大学医学部腫瘍学科インストラクターに就任。1967年助教授。

1972年准教授、1975年教授。

現在は同大学の生化学 永久教授を務めている。

ノーベル賞にノミネートされた実績も持っている。

 

ジョージ・W・ユウ博士

George W. Yu M.D.

外科医、ジョージワシントン大学医療センターの泌尿器科教授。

「イージスメディカルアンドリサーチアソシエイツ」パートナー。

2006年、ジョージ・W・ユウ財団設立。

多くの人々が、適切な医師や栄養士、医療機関、食品やサプリメント、本やレシピに至るまで、参照できるシステムを構築している。

 

 

「がんの正体がわかった!」

医学博士・統合医療医師 小林常雄

著書:

「ついにわかった癌予防の実際」(主婦の友社)

「癌、温熱療法の科学」(東洋医学舎)

「告知してこそがんは治る」(現代書林)

「ガン病棟7割生還」(トクマブックス新書)

「ガンを消す自己治癒力」(同文書院)

「健康情報革命 ボケ、ガン常識を覆せ!」(イーブック新書)

「免疫力を高めるコツ50」ほか多数

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME